« 私の高校時代 | トップページ

2016年1月21日 (木)

俳優の声優起用の是非

俳優の声優起用について
    2. 映画・アニメの声優に俳優を使うを「どう思うか」について、個人的な意見を具体例などを交えながら執筆して下さい。 800文字以上

近頃では映画・アニメに俳優を起用することが増えてきています。このことに関して必ずし悪いとは言えないが、諸手を挙げて賛成もできない。

まず第一に、俳優と声優ではその演技力に大きな差がある時がある。俳優というのは表情や動きで伝えることができるが、声優というのは声だけで伝えなければならない。もともと表情や動きがある前提の俳優が声だけで演じるのは畑違いというものです。

映画・アニメでは声優の実力が無ければ、その作品の魅力は大きく減少してしまいます。

この作品の魅力を伝えるための声は専門家である声優に任せるのが一番だと思います。

実際、過去には俳優を起用したがためにその作品の魅力が減少した、期待していたのにがっかりした、という声も少なくはありません。しかし、当然中には例外もあり、俳優を起用したことにより成功した例もあります。

しかし、そういった俳優はナレーションなどをしたことのある人が多く、全くの経験のない俳優に声優を任せるのは反対です。確かに俳優を声優に起用すれば話題にはなります。それが、現在人気のある俳優であれば、さらに宣伝効果は期待できるでしょう。

しかし、こういった話題性を求めるばかりに、作品が失敗してしまった例は少なくはありません。さらに、こういった俳優の起用は若い声優の活躍の場を奪うことにも繋がっています。

人気の声優であれば、声を当てる以外にもインタビューなどといった活躍の場もあるでしょうが、若かったり駆け出しの声優であれば活躍の場は限られてきます。限られた活躍の場というのが作品の中なのです。その活躍の場を俳優の起用によって奪っているというのも事実です。こ

ういったことから映画・アニメの声優に俳優を使うのは反対と言いたいところですが、俳優の中には声優を経験したことで、そのあとの演技がよくなったと言われる人もいるため、頭ごなしの反対と言ってしまっては俳優の成長の機会を安易に奪ってしまうことになります。このことから、映画・アニメの声優に俳優を使うのは様々なバランスを考えながらならばいいと思います。

関連記事: 声優を目指してます

« 私の高校時代 | トップページ

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2017099/63565509

この記事へのトラックバック一覧です: 俳優の声優起用の是非:

« 私の高校時代 | トップページ