« イヤイヤ期でイライラ期 | トップページ | 俳優の声優起用の是非 »

2015年12月21日 (月)

私の高校時代

Koukoukousya

私は現在大学生ですが、高校時代の頃の生活は大切な思い出です。
中学生の頃私は、学校での成績がそこそこよく、家から徒歩10分の進学校に受かりました。

高校に入学してみると、クラスに知り合いがいませんでしたが、席が近いクラスメイトを中心に、すぐにクラスに馴染みました。

高校に入学して少したつと、中学でやっていたサッカーを高校でも続けようか、何か新しいことを始めようか迷っていました。

そんなときにクラスで一番最初に友達になったAに、一緒バンドをやらないか?と誘われました。何をやろうか迷っていた私にとって、バンドの演奏をすることはとても刺激的であったので、すぐに高校はギターをすることに決め、その日のうちにギターを友達から譲ってもらいました。

その日から1日に何時間もギターを練習しました。残りのバンドメンバーは、Aがすぐに集めてきたのですぐにバント活動を始めることができました。

それから1カ月後に初めてスタジオに入り演奏を合わせたのですが、私の演奏を聴くと、ギター経験者であるAが「お前本当に1カ月前にギターを始めたの?」と驚いていました。

どうやら私のギターの上達が驚くほど速かったようです。私は自分の能力をここまで評価されたことがなかったので、その日からテスト前だろうが勉強をせず、ギターにのめり込みました。

高校一年の雪が降る頃には、自分は将来音楽で生活をすると決めました。

プロのギターリストになると決めてからは、学校に行っている時間が退屈になり、授業を受けている間に少しでもギターを練習したいと思うようになり、学校を頻繁にサボるようになりました。

ある日、放課後に先生に呼ばれ学校をサボっている理由を聞かれました。

Gitterlist

私はプロのギターリストになるからもう学校辞めると言ったのに対して必死で説得してくれ、高校だけは卒業しろと言ってくれました。

友達にも学校を辞めるなと言われました。

それからの日々は退屈でしたが、大学生の今思うと、あの頃学校を辞めなくて良かったと思っています。

« イヤイヤ期でイライラ期 | トップページ | 俳優の声優起用の是非 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2017099/63073520

この記事へのトラックバック一覧です: 私の高校時代:

« イヤイヤ期でイライラ期 | トップページ | 俳優の声優起用の是非 »