« 食品企業であわや大惨事 | トップページ | モバイルサイトでの失敗 »

2014年8月 6日 (水)

耳が悪いのか、良く聞き間違いをしてしまいます。

私は、耳が悪いのか、良く聞き間違いをしてしまいます。営業マンの仕事をしていたのですが、目の前で話をして聞いたことはそうしたミスはないのですが、電話で聞いたことは間違えてしまうことがありました。 以前、上司の取引会社から発注の連絡を貰ったことがあります。その際に、上司から連絡をさせようかと聞いたのですが、急ぎと言う事で私が受けることになりました。発注数は、1万ということで注文を受けました。

上司に1万の注文が来た旨を連絡すると、今月は少ないなと言っていましたが、それで注文しといてと言われたのでそれで注文しました。 納期日が来ると、先方から6万足らないと連絡が上司に入りました。どうやら発注数は、1万でなく7万だったよ うです。ななまんと言って貰えたら、聞き間違いをしなかったと思うのですが、しちまんと言われたので、聞き間違いをしてしまったのです。幸い自社生産をしている物だったので、在庫がありすぐに私が持って走って事なきを得ました。 配達をして帰ると、上司から大目玉を食らいました。私が悪かったので、仕方ないのですが、1時間もみっちり説教を受けました。この件が会社で結構問題になり、その後注文はFAXで受ける事になりました。FAXに変えてからは、こうしたミスをしなくなったので、良かったと思います。 これ以外にも、上司への電話を留守中に受け、伝言をミスをしたことがありました。上司の取引先でも、もっとも大きい会社で、従業員数が300名もいる会社です。

先方は、上司と親しそうな感じだったので、名字だけを聞いてメモをしました。帰ってきた上司に、〇〇さんから連絡がありましたと言うと、どの〇〇さんだと聞かれました。その会社には、その名字の人が10人以上いたようで、どの人に連絡したらいいのか分からない状況になってしまいました。 まだどこの所属かを聞いておけば良かったのですが、それを怠ってしまったため、上司がその名字の方全員に連絡するハメになってしまいました。しかも間が悪い事に、目的の人物に当たったのが12人目だったのです。当然その後は、またしても大目玉でした。それ以来電話に出るのが、トラウマにしばらくなりました。

« 食品企業であわや大惨事 | トップページ | モバイルサイトでの失敗 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2017099/55889074

この記事へのトラックバック一覧です: 耳が悪いのか、良く聞き間違いをしてしまいます。:

« 食品企業であわや大惨事 | トップページ | モバイルサイトでの失敗 »